出会い系体験談~既婚者(人妻)からわかるセフレと身体目的の違い

本日の人気記事

 

セフレが欲しいからと言って、明らかな身体目的はやはり嫌われてしまいますよね。

 

今回は身体目的とセフレの違いがわかる体験記です。

 

さっそく載せますね。

 

 

出会い系サイトでのセフレと身体目的の違いがわかる体験談

 

 

以前から男性たちの間では、

「人妻」と呼ばれる既婚女性たちは一度は抱いてみたい女性たちの中でも特別な存在で、人妻と言うだけで男性たちは興奮したり秘かに憧れています。

 

さらに近年は熟女に憧れる男性たちが増えていて、多くのアダルトビデオなどでは熟女というカテゴリーが 完全に確立されている程の人気があります。

 

アラフォー過ぎた既婚女性たちはオシャレや身だしなみもレベルが高く、30代と40代の垣根がなくなっていて、スタイルも若い頃と変わらない女性や、ジムなどでますます自分磨きをおこなうことで多くの男性たちの欲望を駆り立ててくれます。

 

それに加えて既婚女性たちも年々恋愛に対する憧れや強い願望を持った女性たちが増えていて、男性とのエッチとかも受け身ではなくむしろ自分から追い求めていく女性たちも多く、男性たちの恋愛の対象の中心にいます。

 

アラフォー過ぎた既婚女性たちもパートなどの仕事で外に出る機会がどんどん増えていて、多くの男性たちと知り合う機会や飲みに行く機会も増えて、憧れだった人妻を口説くチャンスが出てきます。

 

既婚女性の魅力は常識的なところや落ち着いた雰囲気も魅力ですが、特有の色気やエッチの経験に基づいた
会話のキワドさなどが多くの男性たちを刺激して、たまらなく抱きたくなる存在です。

 

大人の色気と女性らしさは若い男性からも恋愛やエッチの憧れ的な存在になっていて、女性経験の少ない20代の男性たちからはエッチのノウハウを経験したく、

「一度は既婚女性を抱きたい」

と思っているみたいです。

 

やはり人妻達との恋愛は出会い系サイトで見つけるのが一番で、3年間で何人かの既婚女性と知り合いになり恋愛を楽しませてもらっています。

 

出会い系サイトにいる既婚女性は私の経験ではご主人とのセックスレスがほとんどで、恋愛という名の身体の関係も強く望んでいますのでセフレ望んで関係も難しくないです。

 

出会い系サイトで知り合うためには、やはり紳士的なプロフィールを作り少し余裕を感じさせるやり取りが必要で、ガツガツしたく内容だとほとんど相手にされない事が多いです。

 

メールからラインに切り替える時も、相手の思いを感じとりながら自然にリードする事も大切で、最低でも1ヶ月くらいはやり取りをしてからデートに誘うぐらいが理想です。

 

大切な事は、初めてのデートでも紳士的な接し方を心がけて欲しく、すぐにホテルへ誘ったりせずに身体目的ではない事をきちんとアピールする事です。

 

既婚女性とのエッチはお互いに経験が豊富なぶんだけ燃え上がる事がほとんどで、楽しむ事を優先にして自分勝手なエッチはしないように心がけて欲しいです。

 

出会い系サイトを利用している既婚女性たちの多くは、ご主人とのエッチが物足りなくいろいろな不満を持っているので登録していて、がっかりさせるとすぐに関係が壊れてしまう可能性がありそうです。

 

私の場合は、出来るだけ見つめ合ったりキスをする時間を多く持つ事で、愛情たっぷりのエッチをいつも心がけています。

 

特にセフレの関係になりますと、テクニックよりもどこまで愛情を女性が感じてくれるのかが重要だと思いますので、ベットの中ではいつも密着してあげて優しい言葉をかける事がポイントです。

 

セフレに興味がある女性は出会い系サイトには結構いますが、

身体目的とセフレの違いは、

「どれだけ愛情を女性に与えてあげれるのか」

で決まり、

愛情のないセックスだと女性は身体目的だと思ってしまいやはり関係が壊れてしまう事が多いです。

 

 

今回の出会い系サイト体験談のまとめ

 

 

セフレという関係に憧れる人は多いでしょうけど、結構自分勝手になりがちな人が多いのが現実です。

 

セフレと言えど身体目的ではなく、お互いに愛情を与え合うことが大切ですね。

 

始めるか始めないかはともかく、興味がある方は是非下記おすすめの出会い系サイトを一度覗いてみてください。